Skip to main content

口臭に年齢は関係ない?

口臭に年齢は関係ない?

口臭はどこから来るのでしょうか。毎日、歯磨きをしているから大丈夫、と思って安心してはいませんか? 実は、歯だけでなく口内の舌、歯ぐき、口腔粘膜に付着している細菌が増殖し、悪臭を出してしまっている可能性があります。

 

口臭が気になる年齢と口内トラブル

このことは、大人の男性・女性には特に感じられていることです。 例えば、営業職で事務所を出たり入ったりと外出が多い人には大変だと思います。
最初はマメに口をすすいでいても、段々時間に追われたり面倒になったりして、回数がどんどん減ったり、止めてしまったり、また直前だけの単発で終わったりしてしまいます。 口内トラブルは、実は口臭だけが問題ではありません。細菌は歯と歯ぐきの隙間、歯周ポケットに侵入して歯周炎になり、歯を支えている骨が溶けて、最終的に歯が抜け落ちてしまいます。

もちろん幼児も同様で、歯医者さんで泣きながら治療を受ける子は絶えないようです。この様な口内トラブルを防ぐのは日々の予防に尽きます。歯が痛くなった時だけ、あるいはデートの前日だけやっても余り効果が高くありません。

日々の予防を習慣にしましょう

口臭や口内トラブルは治すより予防が重要です。 そこで、薬用マウスウォッシュを使うと予防の効果は上がってきます。
歯をしっかり磨いても、口内の表面積の25%しか掃除できていないと言われていますので、歯磨きをしっかりした後、薬用マウスウォッシュ洗口液を使い、しっかり口をすすぐことで予防効果が高くなります。 外から帰ってきたら、水だけで口をすすいだ場合でも細菌や汚れを取り除く事はできますが、薬用マウスウォッシュ洗口液を使うとより一層効果が上がります。
そして、お手軽に出来るので、面倒な手間無く継続出来て、習慣付けることが出来ます。 また、お宅の洗面所に置くだけで、子供が外から帰ってきたらまず、薬用マウスウォッシュ洗口液で口をすすげます。

この予防習慣を小さい頃から実施して、口臭になる前に予防していきましょう。