Skip to main content

コーヒーが原因の口臭を改善するために

cofee

コーヒーは独特の香りが魅力的で、集中力や気力を高める働きがありますが、コーヒー豆の細かな微粒子が舌の表面に付着することで、一日に何杯も飲んでいると口臭の原因になってしまいます。コーヒーの口臭予防には、舌ブラシを使ったり、歯磨きが効果的です。

 

コーヒー豆の微粒子が臭いの原因‥?

コーヒーは、独特の香りが好きな人が多いですし、気分をすっきりさせたり、意欲を向上させる働きがあるため、朝の時間に飲む習慣のある人が多いようです。そんな、コーヒーが大好きな人が多い中で、飲んだ後は口臭がしやすいと感じている人も多いのが現状です。

口臭の原因は、コーヒーに含まれているコーヒー豆の細かな微粒子です。舌の表面に付着しやすく、放置をしておくと、臭いの原因になります。

普段の生活では、舌ブラシなどを優しく使って、汚れを落とすようにしましょう。

空腹時にコーヒーを飲むと口臭が強くなります

空腹時や、喉が渇いている時にコーヒーを飲むと、口腔内の細菌が活発化しやすいので、口臭が強くなる場合があります。 空腹時にブラックで飲むと、胃腸に負担が掛かってしまうので、なるべく食後に飲むようにして下さい。
口臭が気になっている人が多いですが、一日に2、3杯程度であれば、あまり問題がありませんが、5杯以上飲む習慣のある人は、飲む回数を減らしたほうが口臭を抑えることができます。
喉が渇いている時や空腹時などは、紅茶や緑茶、ルイボスティーなどの飲み物を選んだほうが、臭いを防ぐ働きがあります。 コーヒーを飲んだ後に歯磨きができればよいですが、外出先や仕事の合間などでは、歯磨きをするのが難しいので、ガムをかんだり、口をすすぐなどをして、臭いを抑えることもできます。

マウスウォッシュ使ってすすぐのも効果的です

現代は仕事や育児で忙しい生活をしており、ストレスを感じている人が多いので、ゆったりとくつろげるティータイムに、おいしいお菓子とコーヒーを飲んでいる人も多いかと思います。
自宅で過ごす時間の長い人は、コーヒーを飲んだ後に丁寧に歯磨きをしたり、マウスウォッシュ洗口液を使用してすすいでおくと、口臭を抑えることができます。

また、コーヒーには、カフェインが含まれているので、夜や就寝前に飲むと寝つきが悪くなったりと、注意をする必要があります。コーヒーを飲む習慣のある人は、歯のステインが付着しやすいので、黄ばみの原因にもなります。自宅でホームホワイトニングをするのも、臭いを防いだり、歯を白くする効果が期待できますね。