Skip to main content

口臭の予防法トップ5

口臭の予防法トップ5

清潔な口内環境をつくりましょう

毎日のオーラルケア習慣として歯磨き、デンタルフロス、マウスウォッシュをしているか、自問してみましょう。その答えが「ノー」なら、始めるには良いタイミングかもしれません。簡単なステップに従うことで、細菌の蓄積を防ぎ、口臭の発生を抑制することができます。歯だけでなく、舌上には口臭の原因となる腐敗し始めた食べかすや細菌がいっぱい残っている可能性があるので、舌上にも少し注目するようにしてください。歯磨きでケアできるのはお口の中全体の表面積の約25%*であることを覚えておきましょう。

*Kerr W.J.S and D.A.M. Geddes. The area of various surfaces in the human mouth from nine years to adulthood.J. Dent.Res.1991.70(12

 

定期的に歯科医師の診察を受けましょう

オーラルケアを実践していても口臭が改善されない場合は、専門家に診てもらうと良いでしょう。歯科医師は歯の専門家として口腔全体を検査して歯周病やその他のお口のトラブルを発見して治療してくれます。

喫煙をやめましょう

喫煙によって喫煙者特有の口臭になります。

水をたくさん飲みましょう

水を飲むことで、口臭の原因となるドライマウスを予防できるだけでなく、分解されて口内を畑の肥料のようなにおいにする食べかすや細かい破片も洗い流します。

ガムを噛みましょう

最適な口内衛生のために、歯科医師は毎日2回の歯磨き、デンタルフロス、マウスウォッシュを勧めます。では、毎日1~3回のオーラルケアの合間、ふんだんに玉ねぎを使ったミート&チーズサンドイッチを食べた場合にはどうすればいいのでしょうか? 噛むことを始めましょう。チューインガムは口腔の唾液分泌を促進し、歯、歯ぐき、舌に付着した食べ物やバクテリアの洗い流しを助けます。ただし、シュガーレスタイプを選ぶようにしましょう。そうしないと、虫歯にかかる可能性が高くなります。