Skip to main content

歯肉炎予防には口内環境が大切

歯肉炎予防には口内環境が大切

歯肉炎を予防するためには、口内環境を改善させる必要があります。口の中を健康な状態に保つために、生活習慣の見直しを行っていきましょう。

口の中の乾燥も歯肉炎の原因となります。口を開けて眠る癖がある人や、口呼吸をしている人は、意識して改善するようにしてください。鼻から呼吸をしたり、良く噛んで食べることで口の中の唾液量を増やすことができます。

 

毎日の歯磨き習慣が大切

歯磨きは、多くの人が日常的に行っている習慣です。しかし、歯磨きの方法や歯ブラシの選び方を間違えると、いくら歯を磨いても効果は半減してしまいます。

正しい歯磨きは、歯肉炎の予防のために効果的です。歯と歯ぐきの境目の残りやすいバイオフィルムをきちんと落とすために、毛先が細く、ヘッドが小さめの歯ブラシを使うようにしてください。歯肉が痛んで思うように磨けない場合は、歯磨き粉を直接指に付けて歯ぐきをマッサージする方法もあります。

 

デンタルグッズを使ってみよう

デンタルグッズには様々な種類があります。歯ブラシや歯磨き粉だけでなく、デンタルグッズを併用することで、より効果的にバイオフィルムを落とせます 。

・薬用マウスウォッシュ
口の中に含み、口腔内をすすぐことで殺菌効果が得られるものが多くあります。洗口液は歯磨きの後で、液体歯磨きは歯ブラシを使う前に利用しましょう。

・歯間ブラシ
歯と歯の間のバイオフィルムを落とすことができるブラシです。歯ブラシと併用することでよりすみずみまで汚れが落とせます。

・デンタルフロス
同じく細い糸状の道具ですが、自分の指に巻きつけて使うため、歯間ブラシが入りづらい狭い隙間でも使うことができます。

これらのアイテムを正しく使ってバイオフィルムを落とし、歯肉炎を予防・治療しましょう。

早めに歯科医師に相談を

歯肉炎の治療や予防のためには、正しい歯磨きの仕方をマスターして、バイオフィルムを落とすことが大切です。

定期的な歯科検診で、歯のクリーニングや歯石除去をしてもらうこともできるので、歯肉炎予防や治療にとても効果的です。