Skip to main content

子どものお口のトラブルに注意!

まだ成長途中の子どもは、口腔内の粘膜が弱く傷つきやすいため、様々なお口のトラブルを起こします。また、本人の自覚症状が乏しかったり痛みを我慢してしまったりすることも多く、気がついた時にはかなり症状が進んでいることも。周りの大人たちが時々子どものお口をチェックし、気にかけてあげましょう。

そこで、子どもに起こりやすい口腔トラブルをご紹介します。

 

永久歯が生えてくる時のトラブル

永久歯が生えてくる時は、乳歯がまだ残っていたり、生え方が悪かったりとトラブルが起こりやすいもの。

特に乳歯と入れ替わるのではなく、歯列の一番奥に歯茎を突き破って生えてくる「6歳臼歯」には注意が必要です。6歳臼歯が生えてくる時、口腔内が汚れていると歯ぐきが腫れたり、痛みが出てくることもあります。また、とても柔らかく、ゆっくり時間をかけて生えてくるため、虫歯になりやすい歯でもあるのです。
そのため、お口の中を常に清潔にしておくことが大切です。

 

歯周病・虫歯などのトラブル

子どもの口腔トラブルと聞いて真っ先に虫歯が思い浮かぶ方も多いでしょう。
 

それは、歯磨きが苦手な子どもが多いから。歯と歯の間がきちんと磨けていないと、汚れが残って虫歯や歯周病の原因となります。(子どもでも歯周病は起こります。) 特に、乳歯のうちは大人に比べて歯のエナメル質が少なく、柔らかいため虫歯になりやすいと言えます。

また、歯磨きの時に歯ぐきから出血が見られた時は、歯周病の初期段階である歯肉炎かもしれません。

歯磨きの練習をしっかりと始めて、習慣化できるようにしましょう。

子どものオーラルケアとは?

子どもの口腔トラブルを防ぐためには、「子どもだから」と大目に見ず、日頃から食生活にも気を配り、しっかりとオーラルケアを行うことが大切です。
周りの大人が歯磨きのチェックをするなど、正しい方法を教えてあげましょう。
小さな頃から口腔ケアをきちんと行う習慣が身に付くと、大人になってからも、自然と口腔内の清潔が保たれます。そうすれば、口臭や虫歯になるリスクを低くすることができます。