Skip to main content

歯を変色させる6つの食べ物・飲み物

歯を変色させる6つの食べ物・飲み物

歯を着色させるものとして上位にあげられる食べ物や飲み物を摂取したあとには、マウスウォッシュと歯磨きをするようにしましょう。それができないときには、水で口内に残ったものを洗い流しましょう。

歯を着色させる食べ物・飲み物 #1: 着色料を使用した食品

着色料で濃く色付けされた食品は歯を着色させます。なにかを食べて舌が変色していたら、歯も着色している可能性があります。

 

歯を着色させる食べ物・飲み物 #2: ベリー類

ブルーベリーからラズベリーやクランベリーにいたるまであらゆるベリー類が歯を着色させます。口に入れたあとには、水で口をすすぐことをお忘れなく。

 

歯を着色させる食べ物・飲み物 #3: ワイン

赤ワインが歯を着色させることはよく知られていますが、タンニンを含む白ワインも歯を変色させることをご存知でしたか? 夜の歯磨き-デンタルフロス-マウスウォッシュをするオーラルケア時間の30分前までには飲むのをやめるようにしましょう。

 

歯を着色させる食べ物・飲み物 #4: ケチャップ

カレー、クミン、ターメリックなど効能を持つスパイスを含むこの甘く色の濃い調味料は、時間とともに歯を着色させます。ケチャップを使った食事の後には、マウスウォッシュと歯磨きをするようにしましょう。

 

歯を着色させる食べ物・飲み物 #5: コーヒー

歯を着色させるからという理由でコーヒーを飲む習慣をやめる必要はありません。ただ、飲むときには、アイスコーヒーにしてストローで飲むようにしましょう。

 

歯を着色させる食べ物・飲み物 #6: 炭酸飲料

砂糖入りであろうがなかろうが、炭酸飲料は歯の変色を助長させることがあり、スマイルを台無しにします。