Skip to main content

リステリン®の利点:口腔衛生ルーチン研究

目的

精油を含有する防腐口内洗浄剤(リステリンの補助的使用の増分利益の決定® MINTを冷却®ルーチンブラッシングする)を、全口のプラークおよび歯肉炎を阻害するフロッシング(N = 237)。

方法論

軽度〜中等度の歯肉炎を有する被験者の無作為化、制御、観察者盲学、並行群臨床試験。

2.2.4_sharmamethodology.png

結果

6ヶ月時点の全口平均プラークインデックススコア:BFEOリンスグループはBCに対して56.3%の減少を経験した。

6ヶ月時点での全口平均修正歯肉索引スコア:BFEOすすぎ群はBCに対して29.9%の減少を経験した。

2.3.4_sharmachart_1.png

B =ブラッシング。
F =フロッシング。
C =コントロールマウスリンスでリンスする。
EO =精油を含む洗口剤でリンスする。

結論

この長期試験は、1日2回エッセンシャルオイル含有口内洗浄剤を併用することにより、1日2回のブラッシングと1日1回のフロッシングの推奨レジメンに意義深く、臨床的に有意な恩恵をもたらすことを示しています。

*リセリン®は、口腔乾燥症の治療には使用されていません。

参照: 1. Sharma N、Charles CH、Lynch MC、et al。定期的に刷毛や刷毛を使用した患者のプラークや歯肉炎を軽減するためのエッセンシャルオイル含有口内洗浄剤の補助的な効果:6ヶ月の研究。J Am Dent Assoc。2004; 135:496-504。