Skip to main content

洗口液・液体歯磨きの必要性

洗口液・液体歯磨きの必要性

歯磨きだけでは、不十分?

通常の歯磨きでケアできるのは、口腔内のわずか約25%*

歯磨きとは文字通り、「歯を磨く」ことであり、歯磨きだけで口腔内をケアできる割合は、全歯面の総面積約25%*のみ。 歯磨きだけでは、除去できない舌や歯肉、咽頭粘膜など口腔内全体のバイオフィルムを除去するために、正しい対処法を知る必要があります。
*Kerr W.J.S. and D.A.M. Geddes. The areas of various surfaces in the human mouth from nine years to adulthood.J. Dent. Res. 1991, 70 (12)

口腔内には、口腔疾患の原因となる「バイオフィルム」が多数存在

【実験概要】

・対象者:30代のビジネスマン1名、40代前半のビジネスマン1名、40代後半のビジネスマン1名
・菌の採取場所:口腔内/襟元/脇の下/手のひら/足 ※脇の下はシャツから採取、足は靴下から採取
・採取方法:
<起床時 7時>各自、起床時に歯磨き・洗顔前に菌を採取。口腔内は指定の液で口をゆすいだものを採取し、それ以外は指定の箇所を綿棒にて採取。
<就業後 16時>各自、起床時と同じ方法で菌を採取。
・実験機関:衛生微生物研究センター

 

薬用洗口液をプラスして、より良いオーラルケアを!

歯磨きだけではケアしきれない口腔内の表面積約75%*(舌や歯肉、口腔粘膜など)には薬用洗口液の併用がおすすめ!有効成分が口腔内までいき渡り、様々な疾患の原因となるバイオフィルムを減少させます。口臭や歯垢の沈着、歯肉炎の予防・対策に最適です。

*Kerr W.J.S. and D.A.M. Geddes. The areas of various surfaces in the human mouth from nine years to adulthood.J. Dent. Res. 1991, 70 (12)

 

洗口液を使用する理由

・口腔疾患の原因「バイオフィルム」の殺菌
・プラークの沈着予防
・歯肉炎の予防
・口臭の予防 など

選ぶなら殺菌する洗口液

洗口液の中には、口腔内をしっかり殺菌する薬用タイプとマスキング(覆い隠すこと)による一時的な口臭予防が主となるタイプがあります。 口腔内の健康を考え、バイオフィルムを浸透殺菌できる薬用洗口液のリステリン®がおすすめです。