Skip to main content

挑戦しています‐大胆に生きよう™。

現在、世界の成人の90%を超える人々が慢性的な歯肉炎に罹患していると言われています。*2

リステリン®が目指すのは、あらゆる患者の口腔内を清潔にし、歯肉をより健康にして口腔疾患をなくすことです。こんな大胆な目標が生まれたのは、より良いオーラルケアに対する高いニーズが患者調査から確認されると共に、日常のオーラルケアにリステリンを加えることによる、大胆な調査結果を得られたからです。

大胆な発見 - 患者様のご意向* 1

4000人以上の世界中の患者にアンケートを行った「Study of Bold Oral Health2(大胆なオーラルヘルス2に関する研究)」では、多くの患者さんが毎日のオーラルケア習慣を改善することを希望しており、その方法について知りたいと考えていることが明らかになりました。つまり患者様のご意向は、より良い口内環境と実現したいという共通の目的があることを示しています:

2.1_tout-1.1.jpg

B大胆な発見 - メタアナリシスによる臨床分析*4

ブラッシングや歯間部清掃にリステリン®を加えることによる明確な効果の確証が得られました。5,000人以上の患者を対象とした29件の研究により、ブラッシングや歯間部清掃(MM)のみの患者と、ブラッシングや歯間部清掃(MM)にリステリン®を加えた患者を比較し、以下のような効果が証明されたのです:

6.0_tout-3.jpg

6ヵ月で、機械的清掃のみの場合に比べて、プラークがない部分は5倍、さらに6ヵ月で健康な歯肉部分も、機械的清掃のみの場合にくらべて2倍。

このような結果から、世界中がより良い口内健康を手に入れることは可能で、達成できる目標であることが確認されています。

共に大胆に生きましょう。

*1 ブラジル、日本、タイ、英国、米国における分析対象患者の自己報告データに基づく(N=4134)。2015年、J&J調べ

出典: *2. Coventry J, Griffiths G, Scully C, Tonetti M. ABC of oral health: periodontal disease. Brit Med J. 2000;321(7252):36-39. *3. Data on file, Johnson & Johnson Consumer Inc. *4. Araujo MWB, Charles CA, Weinstein RB, et al. Meta-analysis of the effect of an essential oil–containing mouthrinse on gingivitis and plaque. J Am Dent Assoc. 2015;146(8):610-622 および/または試験データのポストホック分析。