Skip to main content

長期間使用における安全性

  • ドライマウスの起因とはなりません2-4
  • 口腔内細菌叢の正常なバランスを崩しません3,4
  • 長期間使用しても、耐性菌が発生しません3,4
  • 歯牙の着色や歯石の沈着の有意な原因になりません5-8

アルコール含有の洗口液は、ドライマウスとの因果関係はありません

臨床試験において次の結果が明らかになりました:

  • 安全性:口腔乾燥症の患者様へ2
  • 優れた忍容性、口腔粘膜を乾燥させず、唾液流量を減らすことはありません2
  • 唾液流量または患者が報告するドライマウスの感覚について、アルコール含有の洗口液とノンアルコールタイプの洗口液の群で著しい差は認められませんでした3
  • アルコールを含有するエッセンシャルオイル配合洗口液は、ノンアルコールベースの塩化セチルピリジニウム(CPC)洗口液と比較して、有意な唾液流量の減少や口腔乾燥の訴えは認められませんでした4

アルコール含有の洗口液は、口腔癌との因果関係はありません

臨床試験において次の結果が明らかになりました:

  • 口腔癌との有意な関連はありません5-8
    • FDAの分科委員会は7つの症例対照研究を調べ結論を出しています: "アルコール含有洗口液と口腔がんの因果関係をデータが証明していない...”5
    • アルコール含有洗口液は、口腔咽頭癌のリスクを高めません6
    • 洗口液の使用(特にアルコール含有洗口液)と口腔がんの関連は、疫学的根拠により証明されていません7
    • アルコール含有の洗口液の使用と口腔癌リスクには関連がありません8

*1 ブラジル、日本、タイ、英国、米国における分析対象患者の自己報告データに基づく(N=4134)。2015年、J&J調べ

出典: 1. Data on file, Johnson & Johnson Consumer Inc. 2. Fischman SL, Aguirre A, Charles CH. Use of essential oil-containing mouthrinses by xerostomic individuals: determination of potential for oral mucosal irritation. Am J Dent. 2004;17(1):23-26. 3. Kerr AR, Katz RW, Ship JA. A comparison of the effects of 2 commercially available nonprescription mouthrinses on salivary flow rates and xerostomia. Quintessence Int. 2007;38(8):e440-447. 4. Kerr AR, Corby PM, Kalliontzi K, McGuire JA, Charles CA. Comparison of two mouthrinses in relation to salivary flow and perceived dryness. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2015;119(1):59-64. 5. Food and Drug Administration. Oral health care drug products for over-the-counter human use; antigingivitis/antiplaque drug products; establishment of a monograph; proposed rules. Part III. Federal Register. 2003;68(103):32232-32287. 6. Cole P, Rodu B, Mathisen A. Alcohol-containing mouthwash and oropharyngeal cancer: a review of the epidemiology. J Am Dent Assoc. 2003;134(8):1079-1087. 7. La Vecchia C. Mouthwash and oral cancer risk: an update. Oral Oncol. 2009;45(3):198-200. 8. Boyle P, Gandini S, Boffetta P, Negri E, La Vecchia C. Mouthwash use and oral cancer risk: quantitative meta-analysis of epidemiologic studies. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod. 2011;112(6):e130.